読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webメディアびっくりセールでヒップホップから塩まで売っていた

書き残そう書き残そうと思いつつぼんやりしていたらもう金曜日だ。フライデーナイトだ。書き残したいことは先週のサンデーモーニング、TBSの番組じゃなくて日曜の朝から蒲田に出かけたこと、ウェブメディアびっくりセールである。路線図トートをひっさげて、エキレビブースで販売したのだった。神輿が用意されているのに乗らなくてどうする、という心意気である。祭りだ祭りだ!

unotv.hatenablog.com

朝から路線図トートバッグをキャリーケースに詰めて出かけたのだけど、事情をよくわかってない息子6歳からは「パパ、実家に帰るの?」と言われました。そんなフレーズどこで覚えたんだ。家庭は円満だぞ。円満……だぞ?

気を取り直して、設営後のエキレビブースはこんな感じ。

f:id:INO:20170226114617j:plain

左から、路線図トートバッグ、フリースタイルダンジョン本、『近藤正高雑文集』、『思考ツールとしてのタロット』(本+タロットのセット)、想像と言葉、伊勢うどん缶バッチ、伊勢うどんクリアケース、伊勢うどんポストカード、伊勢うどん、ミニ甚吉袋、『塩の知識』。途中で大山くまおさんの『J-POPレビューの書き方』が加わった。

いや、エキレビ!ってもうなんでもありのレビューサイトだからこれでいいのだ。これでいいのだが、この節操のなさたるやなんなのか。ミクスチャーにもほどがあるだろう。途中で「ヒップホップから塩まで、エキレビでーす」って売り子してたし、うっかり「ゆりかごから墓場まで、エキレビでーす」とも言った。そういえば子どものころ住んでた地域にあったショッピングセンターのキャッチコピーが「マグロからテレビまで」だった。すごいなマグロからテレビ。築地から秋葉原か。直線距離はそんなに遠くないか。

当日は開場するギリギリまで、何人来るんだろうねー、何部作ったらいいんだろうねー、とみんな手探りだった。人が来なかったら出展者どうしで売り買いしてロンダリングしようって言ってた。それが、だ。開場したらこうなった。

左の写真、ブースに人が並んでいるでしょう。ここ、エキレビ!のブースなんですよ(テーブルの右端に「伊勢うどん大使」のタスキと松阪牛のキャップをかぶった石原壮一郎さんがいる)。この行列、路線図トートバッグを求める方々だったんです。え!え!と戸惑っているうちに、10分くらいでいきなり15個くらい売れてしまった。

30個弱持ってきたところ、40分くらいで完売に。最後は数日私物で使っていた現品もお買い上げいただいた(おまけに石原さんのおにぎりせんべいを付けた。石原さんはおにぎりせんべい大使でもある)。その後もトートを求める人が訪れ、完売のお知らせにガッカリしていた。すいませんすいません。もっと作ってよかったのか……!

店番をしながら、あちこちブースも回りました。ご挨拶したかった方々にもこれを機にご挨拶。そしてお客さんは全然途絶えない。盛況だ。大盛況じゃないか……!

f:id:INO:20170226150622j:plain

ステージでは我らがアライ編集長をはじめ、各メディアの編集長対談もありました。

f:id:INO:20170226140930j:plain

メンバーが豪華すぎる。お金とってパネルディスカッションできるほどのキャスティング。でも入場は無料だし、45分くらいでサクッと終わっちゃう。しびれる。かっこよすぎる。

さらに15時くらいから「自己紹介大会」があって、こちらは事前にエントリーして出場したのでした。このためにパワポも作った(パワポカラオケを経験すると自分でパワポを作れるありがたみが半端ない)。自己紹介だけだとつまらないので、路線図ナイトの「時空の歪み」の下りも少しだけやりました。

紹介した時空の歪みはJR四国JR北海道、そして鉄板のみなとみらい線みなとみらい線はすごい、滑ったことがない。路線図ナイトじゃない場でもウケてよかった。

売り子をしている間に日は暮れて、会場が閉まり、そのまま出展者同士で立食で打ち上げをし、杉村啓さんにルパン三世のワンカップをもらい、馬場吉成さんの堅いプリンに頬をとろけさせ、西村まさゆきさんとそろそろ路線図コンビでユニット名を考えねばならぬと話して、林さんや古賀さんとツーショットで写真を撮らせてもらい、お開きまでめいっぱい笑ってた。でもさすがWebメディアの中の人たち、一日中立ちっぱなしに限界がきていた。俺たちインドア派。椅子はどこだ。

翌日も午前中はほとんどぐったり、午後は打ち合わせで出かけたけど、夜も早々に寝た。全力を尽くした感じであった。戦利品はニヤニヤしながらチビチビ楽しんでいます。子どもたちに北村ヂンさんの贋作マンガが見つかって「パパ、このドラえもんなぁに!?」と言われてヒヤヒヤしたりしました。

f:id:INO:20170226234257j:plain

ほぼ一週間経った今でさえも、余韻に浸ることがある。インターネットをはじめてからオフ会に初めて出た気持ちがよみがえっているのだと思う。ネット上の仮想世界が、現実につながった瞬間。ネット歴は長いからそんなこと何度もあるのだけど、こんなに一度にWebメディアの中の人が集まったらそれはもう回線がショートしてしまうのだ。もはや商店街がドーン!とやってくるんだもの。居酒屋で会うのとスケールが違う。

そして、エキレビ!ブースにお越しいただいた方に「記事読んでます」と言われたときの嬉しさ……!ホントに、ホントに嬉しい……。面と向かって声を聞かせていただけるのは、生存を肯定されたくらいの喜び。こういうキャバクラがあってもいい。でもキャバクラって一回だけ行ったことあるけどなんかこっちが話を盛り上げなきゃなーみたいな気分になって話題とかいっぱい振ったけど結局高いお金払うのは自分だから全然楽しくなかったんだよなーってどさくさに紛れてなにを話しているのか。いやホントにありがとうございます。書いててよかった。

とにもかくにも、運営の皆様、スタッフの皆様、当日会場にお越しいただいた皆様、ありがとうございました! ぜひぜひ第2回もブースで参加したいです。今度は本を作りたいなー。同人活動は初めてだったのだけど、すっかり楽しさに目覚めてしまった。ハローワールドだ。

~~~~

そしてそして、当日完売してしまったお笑い路線図トートバッグ、通信販売を始めました!人生初の重版がトートバッグになるとはー。

rosenzu.booth.pm

 お知らせエントリも書きました。アキラ100%はどうする?という今後の方針も書いてます。

unotv.hatenablog.com